蔵六雄山

生年月日:非公開

性別:男性

小高 雄一

1979年、埼玉県生まれ。
15歳で寿司職人を志し、埼玉県の寿司屋で約4年間、住み込みで寿司の基礎について学ぶ。
「東京の中心で勝負をしたい」と一念発起し上京、赤坂で6年間研鑽を積む。岡島三七親方と出会い、六本木「蔵六鮨本店」に入店、すし屋の精神、技術、すべてを学びなおす。
2012年、暖簾分けにより独立し「蔵六雄山」をオープン。つまみと握りとを交互に出すスタイルで、一躍人気店に。
2019年4月、ザ・キタノホテル東京に「蔵六雄山 平河町」オープン。