ガイドライン

株式会社ハヤルカ(以下、「当社」といいます。)は当社が運営するクラウドファンディングプラットフォームハヤルカ(以下、本サービスといいます。)の利用について、「当社」および「当社」を通じて提供されるサービスの内、利用者の皆様(以下「会員」といいます)が遵守すべき利用条件を定めるものとします。(以下、「本ガイドライン」といいます)
また、本ガイドラインは、「ハヤルカ利用規約」(以下、「本利用規約」といいます)、その他これに基づく各種ガイドライン等(以下、「ガイドライン等」といいます。)と共に重畳的に適用され、ハヤルカ利用規約と本ガイドラインの内容が抵触する場合には、本ガイドラインの内容が優先されるものとします。
会員になろうとする者は、本サービスを利用するためには、本ガイドラインおよび本ガイドラインとは別に当社が定める利用規約(以下、「利用規約」といいます。)の全てに同意していただく必要があり、会員が本サービスを利用したときには、会員は本ガイドラインに同意したとみなされるものとします。
また、本サービスの利用にあたっては、利用規約、本ガイドラインのみならず、本サービスのサイト上の説明や注意事項もこれらを補充し、利用規約および本ガイドラインの一部をなすものとして適用されますので、熟読した上でご利用下さい。

なお、本ガイドラインで特別の説明がなく使用する用語の定義は、利用規約に定めるところに従うものとします。

第1章 プロジェクトオーナー様

  • 第1条 利用資格について
    1. 本サービスを利用したプロジェクト実行者(以下、「プロジェクトオーナー」といいます。)によるプロジェクト支援者(以下、「サポーター」といいます。)の募集については、20歳以上で日本国内の住所、電話番号(携帯電話番号を含む)、本人名義の銀行口座および免許証、パスポート、健康保険書等の公的機関が発行している身分証、または学生証を持っている方のみ実施が可能です。これらの他、当社が必要と判断した場合は、プロジェクトオーナーに対し、追加での書類、情報の提供を求めることがあります。
  • 第2条 プロジェクトオーナーの登録について
    1. プロジェクトオーナーになろうとする者(以下、「利用希望者」といいます)は、プロジェクトの成立条件、プロジェクトの実施期間(募集期間)、目標調達金額、成果、中断する可能性、その他当社が定める事項を、当社の定める方法にてプロジェクト実施申請を行うものとします。
    2. プロジェクトの申請には、当社が定める手続きに従い書類、情報の提出が必要となる場合があります。
    3. 当社は、利用希望者が以下各号のいずれかに該当する場合、本条1項の申請を承認しないことがあります。
      1. 1) 利用希望者が過去に本利用規約を違反したことなどにより、会員登録を抹消された等の処分を受けていることが判明した場合
      2. 2) 利用希望者が過去に他社のクラウドファンディングサービスも含め、プロジェクトにおいて配送遅延、返金遅延、または掲載内容と大きく異なるリターンの配送等をしたことが判明した場合
      3. 3) 利用希望者が過去に他社のクラウドファンディングサービスも含め、トラブルを起こしたことがあったことが判明した場合
      4. 4) 利用希望者が登録時に申請した住所に、郵便物、宅配物が到着しなかった場合
      5. 5) 利用希望者が外国法人(日本に支店を持つ場合を除きます)の場合、または日本国外に居住する場合
      6. 6) 利用希望者が当社に対する債務の支払を怠ったことがある場合
      7. 7) 当社の運営・サービス提供または他の会員の利用を妨害し、もしくはそれらに支障をきたす行為を行った場合、またはその恐れがあると当社が判断した場合
      8. 8) その他、登録申請を承認することにあたり、当社が不適当であると判断した場合
    4. 当社は、利用希望者が以下各号のいずれかに該当する場合、本条第1項の申請を承認しません。
      1. 1) 登録申請の際、当社に提供した利用希望者の情報に虚偽の事項が含まれている場合
      2. 2) 利用希望者が反社会的勢力に該当する場合、又は、反社会的勢力が実質的に経営に関与している法人の役員、または従業員である等、反社会的勢力と何らかの関係があると判明した場合
      3. 3) 本サービスが犯罪による収益の移転やテロ資金の供与のために用いられる、またはその恐れがあると当社が判断した場合
    5. 本条第3項及び第4項により、当社が利用希望者のプロジェクトオーナー登録を承認しなかった場合において、当社は、当該理由について、一切答えすることができませんこと予めご了承ください。
    6. 利用希望者は、第1項の規定に基づき申請を行った場合、第4項各項のすべてに該当しないことを表明し、保証したものとみなされます。
  • 第3条 プロジェクトの掲載やプロジェクオーナーに関する条件について
    1. プロジェクトの実施申請をした者は、当社の定める手続きが完了した場合、プロジェクトを発表・掲載できるものとします。なお、プロジェクトに関する申込書および必要書類の提出を当社が受領する行為は、これらの手続きの一環であり、プロジェクト実施申請が承認されない場合があります。
    2. プロジェクト実施申請が承認されなかった場合、それまでに要した費用は全てプロジェクト実施申請を行った者の費用負担となり、理由の如何を問わず当社は一切負担しないものとします。また承認されなかった理由について、当社は一切お答えすることができませんこと予めご了承ください。
    3. プロジェクトオーナーは、プロジェクトの発表時の情報、掲載画像、プロジェクトの紹介において虚偽の記載をしてはならないものとします。
    4. プロジェクトオーナーが定めた募集期間にプロジェクトが成立した場合、サポーターからの支援金は全額決済されるものとし、プロジェクトオーナーはプロジェクト活動を開始できるものとします。なお。サポーターからの支援金はプロジェクト活動ためにのみ使用するものとし、他の目的(担保に供すること等も含む)に使用することは出来ません。
    5. プロジェクトオーナーは、プロジェクト成立後にサポーターに対してプロジェクト画面に掲載されている支援金以外の一切の費用負担(消費税・取引手数料・送料等)を別途(当社が定める方法以外で)サポーターに求めることはできません。プロジェクト実行者が消費税を納付する義務のある事業者の場合、支援金は、消費税込の価格で会員間契約となりますことご了承ください。
    6. プロジェクトが不成立となった場合、サポーターからの支援金は全額決済されないものとし、サポーターがリターンを得る権利も発生しません。その場合、プロジェクトオーナーへの当社からの支払いも一切行われません。
    7. プロジェクトオーナーが本利用規約または本ガイドラインに違反する(または、その恐れのある)プロジェクトの発表やプロジェクトの説明文の掲載を行った場合、 当社は事前の許可なく該当する説明文の非表示・削除、またはプロジェクトオーナーの会員登録の抹消を実施する場合があります。
    8. 前項の対応により、プロジェクトオーナーに損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。また、プロジェクトの掲載途中での失敗、プロジェクトに掲載されていた内容と実際のリターンが明らかに異なる場合、プロジェクトに不備や瑕疵、違法行為などがある場合、プロジェクトオーナーはリターンについて責任を負うものとし、必要に応じてサポーターの対応をしなければなりません。
    9. プロジェクトオーナーは、一度掲載したプロジェクトについて、原則として取り消し(以下「キャンセル」といいます。)はできません。但し、プロジェクトが募集期限終了前で、かつ目標金額に未達である場合で、プロジェクトオーナーの病気やけが、事故、天災被害等の不慮の事故等により、当社が止むを得ない事情と判断する例外の場合は、プロジェクトオーナーはその旨を当社に報告し当社の定める方法によりプロジェクトの実施をキャンセルできるものとします。それ以外の場合のキャンセルについては、 当社が定めるキャンセル料をご負担いただくことになりますのでご注意ください。
    10. 当社は、以下に定める内容がプロジェクトおよびリターンに含まれるプロジェクトの掲載を禁止します。これらの内容が確認できた場合、当社の裁量により掲載プロジェクトの削除、プロジェクトオーナーの本サービスの退会を求める場合があります。またこれらのプロジェクトの掲載により当社に損害が生じた場合、 プロジェクトオーナーはこれらの損害について当社へ賠償しなければならないことがあります。プロジェクト掲載する前に、必ずプロジェクトの内容が次の各項に該当しないことをご確認の上ご利用ください。
      1. 1) 法令で禁止されているもの
      2. 2) 主として武器として使用されるまたはその恐れのある作成や収取を目的とするもの(銃器・凶器類など)、たばこ、電子たばこで使用するニコチン含有液体、動物・昆虫等の生物、非合法商品全般。
      3. 3) 食品・飲料・医薬品・医療品などで人体や健康に対し、明らかに悪い影響を及ぼす恐れのあるものを作るプロジェクト。
      4. 4) リターンの提供につき、法律で義務づけられている免許や資格条件を満たしていないもの(プロジェクトの実行者が許認可等を受けている場合は除きます。)
      5. 5) 人体、臓器、細胞、血液またはそれらを利用・加工したものの作成や、医療関連のプロジェクト
      6. 6) 覚せい剤、麻薬、向精神薬、大麻、あへん、毒物、劇薬の使用を肯定もしくは助長する恐れのあるもの。
      7. 7) アダルト・風俗に関するプロジェクト
      8. 8) 一般に市販されている、または定価がある商品やサービス。(自らが提供するものを除く)
      9. 9) 消費者庁の定める二重価格表記となるもの。(消費者に有利誤認させる意図での定価や割引率等の表示)
      10. 10) 無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法を行うもの、またはその恐れのあるプロジェクト。
      11. 11) 政治団体や宗教団体、またはそれと同視し得る団体への寄付や献金を求めるもの、またはその恐れのあるプロジェクト。
      12. 12) 電気通信事業法、特定商取引に関する法律、不当景品類および不当表示防止法その他関係諸法令に反し、またはその恐れのあるもの
      13. 13) リターンが金融商品取引法に定める有価証券に該当する、またその他金融商品取引法が適用される又はその恐れのあるプロジェクト。
      14. 14) リターンが資金決済法に定める前払式支払手段(適法に発行された前払式支払手段である場合を除きます)もしくは仮想通貨に該当するまたはその恐れのあるプロジェクト。
      15. 15) 他人の権利を侵害するまたはその恐れのあるプロジェクト。
      16. 16) 当社が別途定める「掲載禁止プロジェクト一覧」に定めるもの
      17. 17) その他当社が不適切と判断したプロジェクト
    11. 以下に挙げるものが含まれるプロジェクトの説明文の掲載を禁止します。当該禁止事項に抵触する説明文の掲載が確認できた場合、当社の裁量により、プロジェクトの削除、またはプロジェクトオーナーの本サービスの大会を求める場合があります。
      1. 1) 殺害・自殺・自殺行為・虐待を肯定・勧誘あるいは助長する、またはその恐れがあると当社が判断した内容(殺害・自殺の方法などを掲載する行為を含む)
      2. 2) 違法薬物、火器・銃器・凶器類など違法武器、爆発物の製造、売買春、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、傷害、詐欺、窃盗等の犯罪を肯定・勧誘あるいは助長する、またはその恐れがあると当社が判断した内容
      3. 3) 残虐、または暴力的な内容・動画・画像(イラストや絵画等も含む)の掲載
      4. 4) 本人の承諾のない個人情報掲載(但し、一般に公開されている著名人などの情報で、且つ個人情報保護法に抵触しない、また著名人のプライバシー権、パブリシティ権等を侵害しない場合を除く)
      5. 5) 社会通念上、不適切と解釈され、またはその恐れのある表現・内容の掲載
      6. 6) 著しく性欲を興奮させたり、刺激する内容・動画・画像(イラストや絵画等も含みます)、アダルト画像、動画を含む内容(イラストや絵画等も含みます)の掲載
      7. 7) アダルトサイト、出会い系サイト関連の表現・内容または同内容のサイト等へのリンク
      8. 8) 個人、法人問わず、自らまたは組織等を偽る掲載
      9. 9) 自身で権利を有していない著作物(文字、画像、イラスト等)の無断での掲載
      10. 10) 無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(MLM、オンラインカジノ、マネーゲーム等を含む)の勧誘・情報提供、及びこれらに該当されると当社が判断した内容の掲載
      11. 11) 公職選挙法に抵触する掲載
      12. 12) 出会いを目的とする、異性との交際を目的とする、性交渉を目的として本サービスを利用する内容の掲載
      13. 13) 直接会うことを目的とした内容、または他の会員へ送信する内容。また、他の会員に対し、そのような行為をするよう誘う内容。
      14. 14) 他の会員に対し、個人情報(フルネーム、電話番号、メールアドレス、住所、本人の顔写真等)を聞き出す内容の掲載
      15. 15) 他人を誹謗・中傷・侮辱する内容、他人の名誉や信用を傷つける内容の掲載、または他の会員へ送信する行為
      16. 16) 相手に恐怖心を生じさせる目的、危害を加えることを通告する脅迫行為、及びストーカー行為
      17. 17) 人種・民族・性別・信条・社会的身分・居住地・身体的特徴・病歴・教育・財産等による差別につながる表現や内容を掲載、他の会員へ同内容を送信する行為
      18. 18) 優良誤認表示、有利誤認表示等景品表示法に違反する内容の掲載
      19. 19) 法律に抵触する内容、その他当社が不適切と判断した内容
    12. プロジェクトオーナーは、プロジェクト掲載の可否は当社の裁量により決定されるものであり、本条第10条、11条に該当しないものであってもプロジェクトが掲載されない場合があること、またその理由について当社は一切開示する義務がないことについて、了承するものとします。
    13. プロジェクトオーナーは、プロジェクト実施に際して、当該プロジェクトに関するすべてのサポーターへのリターンの提供(サポーターへの商品等の到着を含む)が完了するまでは、本サービス以外での、本プロジェクトに関するリターンの販売を行わないものとします。
    14. プロジェクトオーナーは、リターンの金額において割引表示をする場合、当該割引表示の基となる金額で将来的に相当期間販売することを確約するものとします。
    15. プロジェクトオーナーは、当社が事前に認めた場合を除き、自らが管理運営するプロジェクトへの支援を直接または自らの計算で間接的に行うことはできないものとします。
  • 第4条 プロジェクトの管理について
    1. サポーターが支援申込手続きを完了した時点で、サポーターとプロジェクトオーナーの間に会員間契約が成立します。プロジェクト成立等、プロジェクトオーナーは、プロジェクトの進捗について責任をもって管理し、自らの管理画面を通じて、サポーターに対して適宜報告するものとします。なお、リターンの提供に関して問題が起こった場合は、必ず当社に当該旨を速やかに報告するとともに、サポーターに対して報告するものとします。
    2. プロジェクトの募集開始後は、リターンの内容について変更はすることはできません。
    3. リターンの履行は、原則としてプロジェクトオーナーが本サービス上でプロジェクト完了の報告を通知した後、プロジェクトごとに定められた期間内に責任をもって完了するものとします。
    4. プロジェクトオーナーは、会員間契約に基づき発生した権利を第三者に譲渡し、担保に供するなど一切の処分をすることはできないものとします。
    5. プロジェクトオーナーは、一度決定した自らのプロジェクトの内容を大幅に変更することはできません。プロジェクトを取り下げたい場合は、必ず当社所定の手続きに従うものとします。
  • 第5条 プロジェクトオーナーへの支援金の支払いについて
    1. 当社は、各プロジェクトが募集期間内に目標を達成した場合、募集期間終了の翌営業日に「プロジェクトに関する明細」を発行いたします。
    2. プロジェクトオーナーは当社所定の方法でその明細をご確認いただいた後に、当社の手数料相当額を調達支援金額から差し引いた上でプロジェクトオーナーにお支払いいたします。
    3. 「マンスリー」の場合、月末締めの翌営業日に「プロジェクトに関する明細」を発行いたします。プロジェクトオーナーは当社所定の方法でその明細をご確認いただいた後に、当社の手数料相当額を調達支援金額から差し引いた上でプロジェクトオーナーにお支払いいたします。
    4. 当社の手数料は、目標調達金額に対してではなく、プロジェクトを実施し最終的に集まった支援総額に対して当社手数料(スタートアップ:15%、イベント・マンスリー・チケット:6%、に加え決済手数料一律3.9%)を差し引いた金額をプロジェクトオーナーへ支払うものとします。別途、手数料に対して消費税を頂戴致します。当社は、毎月月末締めで、プロジェクトオーナーごとに当月に成立したプロジェクトの支援総額を計算し、当社の手数料を差し引いた残額を、成立したプロジェクトのプロジェクト期間終了日の属する月の翌月の末日(該当日が土日祝日の場合は翌営業日)にプロジェクトオーナーが指定した銀行口座に振り込む方法で支払うものとします。
    5. 「マンスリー」の場合、当社の手数料は月末時に該当プロジェクトにて集まった支援総額の6%+決済手数料3.9%を差しい引いた、残額をプロジェクトオーナーへ支払うものとします。別途、手数料に対して消費税を頂戴致します。締め日、支払期日及び支払方法は前項と同様とします。
    6. 前2項の定めに関わらず、当社とプロジェクトオーナーの間に別途契約がある場合、契約の内容が優先されるものとします。
    7. 前3項の支払いについて、振込手数料は当社が負担するものとします。
  • 第6条 リターンの提供について
    1. プロジェクトオーナーは、プロジェクトが成立した場合、予め設定したリターンをサポーターに対して提供する義務を負うものとします。
    2. プロジェクトオーナーは、自らのプロジェクトが成立した場合、各プロジェクトのリターン毎の履行時期を本サイト上に明示した上でリターンの履行を行うものとします。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナー自らが該当するサポーターへ連絡を行うものとし、当社はかかる遅延、遅配について一切責任を負わないものとします。
    3. プロジェクトオーナーは、リターンの提供を行うにあたり、特定商取引に関する法律、不当景品類および不当表示防止法、その他関係法令を遵守しなければなりません。なお、特定商取引法に基づく「販売業者」に該当する場合は、特定商取引法に基づく表記を、プロジェクトページもしくはプロジェクトオーナーとなるプロフィールページ等のプロジェクトページからリンクで遷移できるページに掲載する必要があります。
    4. 以下に該当するリターンを設定する場合は、プロジェクトページもしくはプロジェクトオーナーのプロフィールページ等の、プロジェクトページからリンクで遷移できるページに許認可番号と管理責任者名を記載してください。
      1. 1) 酒類:通信販売酒類小売業免許
      2. 2) 中古品:古物商許可証
      3. 3) その他当社が利用資格等を必要と判断した場合
    5. プロジェクトオーナーは、サポーターよりリターンについての問い合わせ等があった場合には、当該問い合わせに対し、自らの責任で誠実に回答するものとします。
    6. やむを得ない事情によりサポーターに対してリターンを行えない場合は、速やかにサポーターにその旨を通知した上、支援金の返金手続きを行うものとします。また、やむを得ない事情によりリターンの変更を行う場合も、速やかにサポーターにその旨を通知した上、自己の責任でサポーターの納得を得られるよう合理的な説明を行うものとします。
    7. 寄付型プロジェクトの場合、プロジェクトオーナーは、やむを得ない事情がある場合、リターンを変更又は、中止することができることとします。その場合、速やかにサポーターにその旨を通知した上、自己の責任でサポーターに対して合理的な説明を行い、納得を得られるように努めるものとします。
  • 第7条 知的財産権について
    1. プロジェクトオーナーは、プロジェクトオーナーにより投稿されたプロジェクト情報(文章、イラスト、写真等)については、本サービスを宣伝・広告・特集による紹介を目的として、当社が自由に利用することにつき予め了承するものとします。なお、プロジェクトオーナー自ら投稿したプロジェクトの情報であっても、イラスト、写真等について当社が素材を提供した場合は、当該素材に関する一切の権利は当社に帰属し、プロジェクトオーナーは、当社の事前の承諾を得ることなく、本サービス内での利用以外できないものとします。
  • 第8条 免責について
    1. 当社は、プロジェクトの内容・進捗の報告等により誘発された損害、成果、または、プロジェクトの合法性や道徳性、権利の許諾、正確さ、プロジェクトオーナーとサポーター間における会員間契約を含む全ての契約について、責任を負わないものとします。また、プロジェクトオーナーは、サポーターへの事前の公表・記載なく、プロジェクトの成立後、実行に関して、第三者を参加させたり、またはその全部もしくは一部を第三者に再委託してはならないものとします。

第2章 サポーター様

  • 第1条 利用資格について
    1. サポーターとしてプロジェクトを支援するには、20歳以上で日本国内の住所、電話番号(携帯電話番号を含む)、本人名義の銀行口座および免許証、パスポート、健康保険書等の公的機関が発行している身分証、または学生証を持っている方のみ実施が可能です。これらの他、当社が必要と判断した場合は、サポーターに対し、追加での書類、情報の提供を求めることがあります。
  • 第2条 プロジェクトの支援について
    1. サポーターとしてプロジェクトを支援することは、プロジェクトが成立することを条件として、プロジェクトオーナーが約定したリターンを得る権利を購入し、プロジェクトの実行を応援する行為を意味します。
    2. サポーターが支援を行った場合、支援を行ったプロジェクトの利用条件(別途本サービス上のプロジェクトごとに表示します。)を理解し、同意したとみなされるものとします。
    3. サポーターは本サービス上に表示されたリターンには上限があることを理解した上で、支援を行うものとします。
    4. 会員は、サポーターとして支援したか否かに関わらず、プロジェクトに関する著作権・商品化権その他の一切の権利を有しないものとします。ただし、サポーターとして支援した場合のリターンを得る権利を除きます。
    5. プロジェクト開始後、理由の如何を問わず、プロジェクト進行不可能となった場合やリターンの履行遅延・履行不可能となった場合であっても、当社は支援金の一部または全部の返金は一切行わないものとします。
  • 第3条 プロジェクト支援のキャンセルについて
    1. サポーターが支援したプロジェクト(スタートアップ・イベント・チケット)については、当該支援をキャンセル・返金は一切受け付けておりません。
    2. 「マンスリー」の場合、支援開始月のリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりませんが、定期購入有効期限最終日の23:59までに定期購入停止の手続きをした場合、次回以降の定期購入停止(キャンセル)を選択することができます。
    3. 「マンスリー」の定期購入を停止する場合、定期購入有効期限最終日の23:59までにマイページの「支援したプロジェクト」画面より、定期購入停止の手続きを行ってください。正常に手続きが完了した場合、プロジェクト支援を継続することができなくなり、リターンを得る権利を失うものとします。また、定期購入を停止した場合でも、停止した時点から有効期限内最終日までのリターンの権利は喪失されることなく有効となります。
  • 第4条 リターンについて
    1. プロジェクトが成立した場合、当該プロジェクトを支援したサポーターは、当社所定の方法により支援金の決済手続を完了することを条件として、プロジェクトオーナーに対し、各プロジェクトにおいて定められた期日までに、あらかじめ定められたリターンを得る権利を有するものとします。また、「マンスリー」の場合、当該プロジェクトを支援したサポーターは、当社所定の方法により支援の決済手続きが完了することを条件として、継続して支援を続ける限りリターンを得る権利を有するものとします。
    2. 当社は、プロジェクト支援の受付が完了した段階で、プロジェクトの成立・不成立に関わらず、プロジェクトのサポート一覧ページにサポーターとして支援している旨を遅滞なく表示できるものとし、サポーターはこれを了承するものとします。ただし、コンビニ払い・銀行振込にて支援をされた場合は、コンビニ(またはATMもしくはネットバンキング)、にて支払いが完了した後に、サポーター一覧ページにサポーターとして支援している旨が表示されるまでに若干のタイムラグが発生する場合がございます。また、サポーターがあらかじめ設定した範囲を超えて表示するものではありません。
    3. 支援金の決済手続時に何らかの事由により決済が正常に行えなかった場合は、正常に決済が完了するまでサポーターがリターンを得る権利は発生しません。また、いずれの決済方法についても、プロジェクト支援の申し込みから当社指定の決済期日までに正常に決済手続きが行われない場合は、金額に関わらず当該プロジェクトへの支援は自動的にキャンセルとなるものとします。
    4. サポーターは、プロジェクトに関してあらかじめ約定されたリターン以外の商品、サービスの要求は行わないものとします。
    5. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。
    6. 当社は、サポーターの責に帰すべき事由(登録メールアドレスや住所の間違い等)でサポーターとして支援したことの表示の遅延、リターンの遅延、遅配が発生したことによりサポーターに生じる損害については一切責任を負いません。

第3章 プロジェクトオーナー様と
サポーター様共通事項

  • 第1条 サポーター情報の管理について
    1. プロジェクトオーナーは自己の責任と費用負担によって、サポーター情報の管理を行うものとし、サポーターの承諾なく第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入、公開等をすることはできません。
    2. プロジェクトオーナーは、サポーターの個人情報(住所、電話番号、メールアドレス等)および支援に関する履歴を知り得た場合、本人の承諾なくインターネット上およびインターネット以外への転載・開示は一切行うことができないものとします。ただし、ユーザー名および支援日時といったプロジェクトのページ上に記載され、誰もがそのページにアクセスでき、知り得る事のできる情報はその限りではありません。
    3. プロジェクトオーナーは、取得したサポーターの個人情報を活用し、本サービスを除く、自己又は他類似サービスへの勧誘行為をすることはできません。
    4. サポーター情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はプロジェクトオーナーが負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。万一、認証情報が不正に利用されたことにより当社に損害が生じた場合、プロジェクトオーナーは当該損害を賠償するものとします。
  • 第2条 キャンセルポリシーについて
    1. サポーターが選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。リターンの変更・キャンセル・返金は各プロジェクトオーナーが個別に対応するものとし、当社にサポーターからリターンの変更・キャンセル・返金の要求などがあった場合も、各プロジェクトオーナーへ直接問い合わせるように案内するものとします。
    2. 「マンスリー」の場合、掲載開始月から2ヶ月目以降のプロジェクトに限り、サポーターは任意でリターンの定期購入停止(キャンセル)を選択することができます。但し、掲載開始月に発生支援したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。サポーターからリターンの変更・キャンセル・返金は各プロジェクトオーナーが個別に対応するものとします。当社にサポーターからリターンの変更・キャンセル・返金の要求があった場合も、各プロジェクトオーナーへ直接問い合わせるように案内するものとします。
    3. プロジェクトオーナーは、各プロジェクトのリターン毎の履行時期を越えた場合の遅延・遅配を理由とするサポーターからの支援金の返金要求については、対応する義務を負うものとします。その他の理由におけるサポーターからの支援金の返金要求についても、プロジェクトオーナーは、誠意を持って対応するものとします。
    4. 前各項において、既にお支払いいただいた当社への手数料については、一切返金されないものとします。

第4章 本ガイドラインの変更

    1. 当社は、随時本ガイドラインを改訂することができるものとします。
    2. 当社は、本ガイドラインを改訂しようとする場合、電子メールまたは本サービスに関する本サービスのサイト「HAYARUKA https://hayaruka.jp/」などを通じて随時、会員に告知するものとします。
    3. 尚、https://hayaruka.jp/上に掲載されている利用規約を本サービスの効力のある最新の利用規約とします。本サービスご利用の際には必ずご確認くださいますようよろしくお願いします。
    4. 第2項に基づき、本ガイドライン改訂を告知した日から当社が定める期間(定めがない場合は告知の日から1週間)以内に退会しない場合、または本サービスの利用があった場合には、当該会員は本ガイドラインの改訂に同意したものとみなされ、当該会員と当社との間で改訂後の規約の効力が発生するものとします。

第5章 準拠法

  • 本ガイドラインは日本国法に準じて解釈されるものとします。

以上
平成31年2月21日 制定